トップページ>ニュースリリース>2009>自動車用リチウムイオン電池向け 次世代電解液事業参入へ

ニュースリリース

自動車用リチウムイオン電池向け 次世代電解液事業参入へ

2009年11月19日

  昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、既存品に比較して安全性の高い新電解質(Li2B12FXH12-X)を利用した次世代電解液の開発を進め、車載用大型リチウムイオン電池向け電解液事業に参入いたします。当社は、米国エアープロダクツ・アンド・ケミカルズ社(以下、APD社)が保有する新電解質に関する技術と当社独自の電解液技術を組み合わせることにより、車載用に最適な次世代電解液を開発し、併せて量産技術を早期に確立いたします。当社は、自動車用リチウムイオン電池向け負極材などと合わせ、先端電池向け素材分野において、2020年には売上高600億円を目指します。

  これまでの電解液には、リチウムイオン電池の過充電による発火の危険性や、充放電を繰り返すことによって電解液内に発生する酸化性物質が電池の性能劣化を一層進行させるといった問題があります。当社が開発を進める電解液に使用する新電解質(Li2B12FXH12-X)は、電池の劣化原因の一つである水との反応や、経年とともに電池の正極を腐食する酸の発生がなく、さらに400℃でもその性質が変化することがない高温安定性という特長を持っています。加えて、現状の電解液を使用した場合と比較して電池容量(※1)を引き上げることができるなどの利点があります。

  当社は、今後深刻化する地球温暖化や鉱産物資源の制約などの環境・エネルギー問題の解決に向けて、リチウムイオン電池材料分野において個性的な材料・技術をお客様にご提供し、社会の持続的な発展に貢献してまいります。

以上

  • ※1電池容量: 電池の使い始めから、途中充電せずに電池を使い終わるまでの間にどれだけの電流を流すことができるかを表す値。単位はAh(アンペアアワー)

【ご参考:米国エアープロダクツ・アンド・ケミカルズ社の概要】

社     名 Air Products and Chemicals , Inc.(ニューヨーク証券取引所上場)
設     立 1940年
事 業 内 容 産業ガス・化学品の製造販売
本社所在地 米国ペンシルバニア州
事 業 拠 点 世界40ヶ国以上
従 業 員 数 18,900人

◆ 報道機関お問い合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235