トップページ>ニュースリリース>2009>白色照明用有機EL技術に関するライセンス契約を米国UDC社と締結

ニュースリリース

白色照明用有機EL技術に関するライセンス契約を米国UDC社と締結

2009年12月18日

昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、米国ユニバーサル・ディスプレイ社(以下、UDC)と、このたび、白色照明用の有機EL技術に関するライセンス契約を締結いたしました。

当社は今後、UDC社のりん光発光に関する有機EL技術と、当社の材料技術や素子構造技術を組み合わせることにより、りん光材料の塗布性能向上や有機EL 素子の長寿命化の開発を加速します。開発目標は、発光効率150lm/W(ルーメン/ワット)並びに白色の輝度半減寿命5万時間を、2015年までに達成することであり、蛍光灯の性能を凌駕する有機EL照明の事業化を目指してまいります。

以上

【ご参考:米国ユニバーサル・ディスプレイ社の概要】

社     名 Universal Display Corporation(米国ナスダック証券取引所上場)(NASDAQ:PANL)
創     立 1994年
事 業 内 容 有機EL技術・材料の開発やそれらのライセンス供与
本社所在地 米国ニュージャージー州
CEO Steven V. Abramson

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室    03-5470-3235