トップページ>ニュースリリース>2010>大分石油化学コンビナートエチレンプラント効率化工事を完工

ニュースリリース

大分石油化学コンビナートエチレンプラント効率化工事を完工

2010年5月28日

-最新鋭・高効率・大型分解炉に更新、5月より運転を開始-

昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、大分石油化学コンビナートにおいて、これまで建設を進めてきたエチレンプラント分解炉更新等の工事を完了し、5月2日より運転を開始いたしました。

今回の最新鋭・高効率・大型分解炉の導入等により、エネルギー効率は工事前と比較し5.3%向上し、CO2発生量についても年間5万9,000トンの削減となります。加えて、本分解炉はLPG等の軽質原料からNGL、灯軽油といった重質原料も使用可能であり、原料選択の自由度がさらに向上いたします。

当社グループはこの分解炉更新等の施策により、京都議定書での温暖化ガスの削減目標6%を、外部からの排出権購入等の手段によらず自社グループの努力により達成いたします。

なお、本工事は(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構による平成19年度「エネルギー使用合理化事業者支援事業」に採択いただいております。

以上

補足2)大分石油化学コンビナートエチレンプラントの概要

(1)所在地 大分県大分市大字中ノ洲2番地
(2)操業開始 1969年6月
(3)エチレン生産能力(工事前の能力と変更なし) 非定修年 年産69.5万トン
定修年 〃 61.5 〃
平均 〃 67.5 〃

定期修理:4年に1度の場合

(4)新分解炉の生産開始 2010年5月


【新分解炉写真】

◆ お問合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235