トップページ>ニュースリリース>2010>大分コンビナートが第34回日化協・JRCC「安全最優秀賞」を受賞

ニュースリリース

最優秀賞を受賞

2010年6月1日

昭和電工株式会社 大分コンビナート(代表:水野 義治)は、5月27日、社団法人 日本化学工業協会と日本レスポンシブル・ケア協議会(JRCC)による第34回日化協・JRCC「安全最優秀賞」を受賞いたしました。本賞は、化学業界における自主的な保安・安全衛生の推進の一環として、優れた活動を実施し模範となる事業所を表彰する賞です。今回は推薦・応募のあった14事業所の中から、現地調査や有識者による安全表彰会議での審議の結果、大分コンビナートが選定されたものです。

大分コンビナートでは、無事故、無災害を目指し、安全をすべてに優先させるとの基本方針に基づき、「心に根づいた安全活動」のスローガンを掲げ、これまでさまざまな安全活動を展開してまいりました。この結果、無災害記録時間として668万時間、無災害年数として10.5年を継続してきました。

今後、大分コンビナートのみならず当社グループ全体で、安全に対してのさらなる意識向上と活動の充実を図ってまいります。

以上


『第19回日化協通常総会で表彰を受ける大分コンビナート 環境安全部長 大高力(左)と同 環境安全部 挾間田昌治』

◆ お問合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235