トップページ>ニュースリリース>2010>インドネシアでのアルミナ工場建設を決定

ニュースリリース

インドネシアでのアルミナ工場建設を決定

2010年8月31日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、インドネシア・アンタム社と共同でケミカル用アルミナの生産についての事業性評価をこれまで行ってまいりました。事業性評価の結果、両社は 2011年1月よりインドネシア西カリマンタン州にアルミナ工場(以下、新工場)の建設を開始することで合意いたしました。完工は2013年12月、操業の開始は2014年1月の予定です。投資額は約4億5千万米ドル(約400億円)を見込みます。

 建設を決定した新工場の生産能力は年産30万トンであり、このうち20万トンは当社、残りの10万トンはアンタム社が引き取る計画です。現在、当社は横浜事業所において年産約20万トンのアルミナを生産しておりますが、生産過程で発生するボーキサイト残渣の海洋投入処分を2015年末までに終了し、横浜事業所での生産からも撤退することを既に決定済みであることから、新工場における当社引き取り分の20万トンを横浜事業所生産分の代替品といたします。

 新工場はアンタム社が80%当社が20%出資する合弁会社インドネシア・ケミカル・アルミナ社(以下、ICA社)が運営します。アルミナの原料であるボーキサイトは採掘権を保有するアンタム社がICA社に供給し、アルミナ生産に関する技術は当社が提供いたします。なお、新工場の建設は月島機械株式会社がリーダーとなるコンソーシアムへの発注を決定しております。

 アルミナはアルミニウム製錬の原料となるほか、中間製品である水酸化アルミニウムは浄水場における水質の浄化剤などに、またアルミナは機能性材料、エレクトロニクス製品の材料としても使用されます。新工場ではケミカル用アルミナ(アルミニウム製錬原料以外に用いられるアルミナと水酸化アルミニウムの総称)を生産し、当社の既存のお客様への販売に加え、新たにインドネシア国内および周辺地域における水質浄化用途向け等の需要増加に対応いたします。

 当社は社会の持続的発展への貢献とお客さまのご満足を経営理念とし事業運営を行っております。今回のインドネシアでのアルミナ工場建設により、国際社会における規制等に適切に対応し、既存のお客様に対しての責任を果たすとともに、今後、成長するアジアマーケットでの事業機会の創出につなげてまいります。

月島機械株式会社(プロジェクトリーダー)、インドネシア国営の総合建設会社PT Wijaya Karya (Persero) Tbk社、インドネシアのボイラー工事メンテナンス会社PT Nusantara Energi Abadi社の3社によるコンソーシアム

【ご参考】

インドネシア・ケミカル・アルミナ社 概要

正式社名 P.T. INDONESIA CHEMICAL ALUMINA
日本語社名 インドネシア・ケミカル・アルミナ社
設立 2007年2月
代表者 ヘンドラ サンティカ社長(Mr. Hendra Santika)
資本金 319億ルピア(約350万米ドル)
株主 アンタム社(80%)、昭和電工株式会社(20%)

アンタム社 概要

正式社名 PT. Antam Tbk
日本語社名 アンタム社
日本語社名 アンタム社
本社所在地 インドネシア ジャカルタ
設立 1968年7月
代表者 アルウィン サー ルービス社長(Mr. Alwin Syah Loebis)
資本金 8兆6千億ルピア(約9億5千万米ドル)
株主 インドネシア政府(65%) 他
事業内容 金、ニッケル、ボーキサイト等鉱産物の採掘・加工・輸出

以上

◆ お問合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235