トップページ>ニュースリリース>2010>耐熱・透明フィルムのパイロット設備建設を決定

ニュースリリース

耐熱・透明フィルムのパイロット設備建設を決定

2010年10月7日

-ディスプレー向けにマーケティングを加速-

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、ディスプレー向けの耐熱・透明フィルムの開発をこれまで進めてまいりましたが、このたび実機ラインでの生産方式についても目途がついたことから、当社大分コンビナート内にパイロット設備を建設することを決定いたしました。ユーザーの使用条件に合わせたサンプルの提供により、今後、本格事業化に向けたマーケティング活動を加速いたします。

1.今回開発したフィルムの特長

 今回、パイロット設備で生産するディスプレー向けフィルムは当社のメガネレンズ向け樹脂の技術をベースに新たに開発した樹脂を原料としており、高い透明性とディスプレー製造時に求められる耐熱性を兼ね備えています。

耐熱性: 250℃の高温プロセスでの使用が可能
光学特性: ガラスと同等の全光線透過率92%、低複屈折
耐薬品性: 優れた耐酸、耐アルカリ、耐有機溶剤性
表面特性: 鉛筆硬度3H以上の高い表面硬度

2.パイロット設備の概要

稼動開始: 2011年6月予定
生産能力: 年産数10万平方メートルを予定
製品仕様: ロールおよびシート

3.今後の見通し

 今回のパイロット設備の完工後、マーケティング活動をさらに強化・加速し、本格的な事業化を早急に進めてまいります。
 将来的には樹脂の分子設計技術や成形・加工技術を深化させることで、タッチパネル、液晶等のディスプレー分野のみならず、高機能が求められる光学フィルム分野への展開を図り、2020年にフィルム事業全体で200億円の売上を目指します。

以上

◆ 本件に関するお問い合わせ先:
IR・広報室 03‐5470‐3235