トップページ>ニュースリリース>2011>「放熱装置」で平成23年度愛知発明賞を受賞

ニュースリリース

「放熱装置」で平成23年度愛知発明賞を受賞

2011年6月23日

株式会社豊田自動織機
昭和電工株式会社

  株式会社豊田自動織機(社長:豊田 鐵郎)と昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)両社の技術者は、「ハイブリッドカーのパワーコントロールユニット(PCU)用直冷式冷却器」(発明の名称は「放熱装置」)の開発により、一般社団法人愛知県発明協会より平成23年度愛知発明賞を受賞しました。

発明の名称
「放熱装置(ハイブリッドカーのPCU用直冷式冷却器)」

受賞者

株式会社豊田自動織機
大年 浩太
河野 栄次
久保 秀人
金原 雅彦
昭和電工株式会社
古川 裕一
山内 忍
星野 良一
若林 信弘
中川 信太郎

 

ハイブリッドカーのPCU用直冷式冷却器  

 受賞対象となった「ハイブリッドカーのPCU直冷式冷却器」はハイブリッドカーのモーター・発電機・バッテリーの動作を制御するパワーコントロールユニットの構成部品であり、半導体で発生する熱を効率的に冷却する装置です。本製品は、2009年5月に発売されたトヨタ自動車株式会社の新型プリウス(第3世代)に採用、実用化されています。

 本開発製品はアルミニウム製の成形体とセラミックス絶縁基板を一括ろう付で一体化した「ハイブリッドカーのPCU用直冷式冷却器」です。アルミニウムとセラミックスはその線膨張率が大きく異なるため、ろう付や使用時の温度変化により生じる応力・歪が大きな課題でしたが、今回受賞した特許は、その接合部分の応力緩和構造に関するものです。

 なお、当開発成果に対し、株式会社豊田自動織機と昭和電工株式会社は学術分野においては2010年度社団法人軽金属学会の第45回小山田記念賞、産業分野では第43回市村産業賞貢献賞を受賞しております。

以上

報道機関お問合せ先: 株式会社豊田自動織機 広報部 0566-27-5157
昭和電工株式会社 IR・広報室 03-5470-3235