トップページ>ニュースリリース>2011>「パワー半導体用冷却器の開発」で第43回市村産業賞貢献賞を受賞

ニュースリリース

 「パワー半導体用冷却器の開発」で第43回市村産業賞貢献賞を受賞

株式会社 豊田自動織機
昭和電工株式会社
2011年5月16日

 株式会社 豊田自動織機(社長:豊田 鐵郎)と昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)両社の技術開発者は、両社により開発されたパワー半導体用冷却器による産業発展への貢献を認められ、財団法人新技術開発財団より第43回市村産業賞貢献賞を受賞いたしました。

受賞業績名 「新型ハイブリッド車に搭載されたパワー半導体用冷却器の開発」
受賞者 株式会社 豊田自動織機 専務取締役 関森 俊幸
株式会社 豊田自動織機 エレクトロ二クス事業部技術部長 大年 浩太
昭和電工株式会社 アルミニウム事業部門 技術顧問 柳本 茂

 

パワー半導体冷却器 写真  


 市村産業賞は、優れた国産技術の開発により産業分野の発展に貢献・功績のあった技術開発者に授与される、財団法人新技術開発財団により選定・表彰される賞です。特に、(1)独創的・画期的で世界的に見て高い水準にある、(2)実用化で新たな産業分野の創生や市場の拡大に効果が顕著で、(3)産業・社会の発展に先導的な役割を果たし波及効果が大きく期待できる技術が表彰の対象とされています。(*)

 今回の受賞対象となったパワー半導体用冷却器は、ハイブリッド車の動力を制御するパワー半導体に発生する熱を効率的に冷却するための部品であり、パワーコントロールユニットと呼ばれるハイブリッド車の基幹部品の構成品です。本製品は、2009年5月に発売されたトヨタ自動車(株)の新型プリウス(第3世代)に採用、実用化されております。

 本製品はアルミニウム製の成形体とセラミック絶縁基板を一括ろう付で一体化した「直冷式冷却器」であり、線膨張係数が異なる素材を組み合わせる際に発生する歪みを独自の冷却構造などにより解決しております。また、冷却水が全体に均一に流れる設計になっており、薄型ながら低い通水抵抗が可能になりました。これらにより従来の冷却機構に比べパワー半導体から冷却器までの熱抵抗は2/3、冷却機構の体積は1/3、質量は1/5と薄く小型・軽量で高い冷却性能を実現しています。当開発成果に対しては、株式会社 豊田自動織機と昭和電工株式会社は2010年度 社団法人軽金属学会の第45回小山田記念賞をも共同受賞しております。

 なお、今回の市村産業賞貢献賞の受賞賞金300万円は、受賞者の意思によりその全額を東日本大震災の義援金として日本赤十字社に寄付いたしました。

以上

(*)財団法人新技術開発財団HPより

報道機関お問合せ先: 株式会社豊田自動織機 広報部 0566-27-5157
昭和電工株式会社 IR・広報室 03-5470-3235