トップページ>ニュースリリース>2011>導電性インクの製造・販売および開発について米社と提携

ニュースリリース

導電性インクの製造・販売および開発について米社と提携
プリンテッドエレクトロ二クス分野の研究開発を加速

2011年4月11日

 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、今後成長が見込まれるプリンテッドエレクトロ二クス分野においてNovaCentrix社(社長:チャールズ マンソン、米国テキサス州)と提携いたしました。提携の内容はNovaCentrix社が開発した導電性インクを当社が製造・販売するライセンス契約に加え、同社の光焼成技術(Photonic CuringTM)に対応した導電性インク等の開発を共同で実施するというものです。また、NovaCentrix社の光焼成装置(商品名PulseForge®)と導電性インク(商品名Metalon®)に関して、当社の子会社である昭光通商株式会社が日本国内と一部アジア地域における代理販売を4月より開始することに関してもあわせて合意いたしました。

 プリンテッドエレクトロ二クスとは印刷を利用し電子部品を製造する技術であり、従来の半導体や金属、絶縁体といった材料を個別に成膜する方法に比較し製造工程が大幅に簡略化されます。用途としてはディスプレーや太陽電池、有機EL照明等の幅広い分野への応用が期待されています。

 NovaCentrix社はこのプリンテッドエレクトロ二クス分野の重要な要素である配線技術において実績を持つ米国のベンチャー企業です。プリンテッドエレクトロ二クスにおいては、金属粒子を含むインク(導電性インク)を印刷した後、熱処理によってインク内の金属粒子を焼結させて導電性を持つ配線を形成します。この配線形成においては熱処理が必要となるため一般的に耐熱性の低い樹脂基板への適用が難しいとされていますが、NovaCentrix社の技術は可視光ランプによる高速焼結であり温度上昇が抑えられることから樹脂基板を使用することができます。また、樹脂基板としてフィルムを使用するため、効率の高いロール・ツー・ロールプロセスでの生産が可能です。

 当社は、当社の保有する金属をはじめとする無機材料や有機材料の技術を活用することにより、NovaCentrix社の持つ光焼成技術をさらに生かす導電性インクの開発を共同で進めます。現在の導電性インクの性能を改善することにより、現在使用されている銅箔などのバルク品と同等の耐久性や導電性を目指します。

 導電性インクはすでにスマートフォンや太陽電池の部材に一部使用され現在の市場規模は300億円と推定されています。また2020年には本市場は1000億円に拡大することが見込まれております。当社は今回のNovaCentrix社との提携により成長するプリンテッドエレクトロ二クス分野での研究開発を加速いたします。

 なおNovaCentrix社と当社は4月13日より東京ビックサイトで開催される「第1回プリンテッドエレクトロ二クス フェア」(第21回ファインテック ジャパン内)に出展いたします。

【NovaCentrix社 概要】

正式社名 :
NovaCentrix
日本語社名: ノバセントリックス
本社所在地: 米国テキサス州
設立 :
1999年
代表者: CEOチャールズ マンソン(Charles Munson CEO and President)
事業内容: 光焼成装置PulseForge® Photonic CuringTMとMetalon®インクの販売

 

【光焼成装置 PulseForge® Photonic CuringTM】  

 

以上


◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室    03-5470-3235