トップページ>ニュースリリース>2011>正負極添加剤VGCF®の設備増強を完了

ニュースリリース

正負極添加剤VGCF®の設備増強を完了

2011年12月2日

 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、川崎事業所(神奈川県川崎市)で進めてまいりました、リチウムイオン二次電池(以下、LIB)向け正負極添加剤VGCF®の製造ラインの増強工事を完了いたしました。これにより、生産能力は100トン/年から200トン/年となります。 

 2013年以降、自動車や蓄電用途向けに使用される大型LIB市場が本格的に立ち上がり、VGCF®の需要は急速に拡大することが予想されています。VGCF®(Vapor Grown Carbon Fiber)はLIBの正極材・負極材に少量添加することにより、大型LIBに求められる高容量化、や長寿命化、加えて安全性の向上に寄与する導電補助剤です。
 なお、当社はVGCF®のほか、負極材SCMG®、電池包材用アルミラミネートフィルムなどをLIB向け部材として取り揃えており、今後伸長する需要に対応するため、順次生産能力の増強を図ってまいります。

 当社グループはLIB向けを中心とした電池関連部材において、無機・金属、有機化学の技術を活かした特長ある製品を展開しており、2015年には300億円以上の売上を目指します。今後も地球環境への負荷低減に寄与する技術として、開発を加速し、事業の強化を進めてまいります。


以上

◆ お問合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235