トップページ>ニュースリリース>2013>当社製離床センサーがフランスベッド㈱の病院施設向けベッドに採用

ニュースリリース

当社製離床センサーがフランスベッド㈱の病院施設向けベッドに採用
- 人体の動きを検知し、ベッドからの転倒・転落の危険性を軽減 -

2013年2月7日

  昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)が開発した離床センサーが、フランスベッド株式会社の病院施設向けセンサーシステム「見守りケアシステムM-1」(2月上旬発売開始予定)に採用されました。

  同離床センサーは、軽くて剛性が高いアルミニウムの特性を生かした製品で、加重によるセンサーの微小変形を電気信号に変換し重量を測定します。人の動きによる重量変化を基に、当社独自のアルゴリズムにより寝返りや起き上がり、腰かけ、離床といった利用者の動作を検知します。

 「見守りケアシステムM-1」では、ベッドの脚の上部4か所にセンサーを内蔵するため、背上げなどのベッドの動きに影響を受けず、かつベッド上どこに人がいても動きを感知することができます。ベッドにセンサーが内蔵されるため購入後の取り付けの手間がなく、また4か所で検知することにより単体のセンサーに比べ精度が高く、誤作動が生じにくいという特長があります。当社の離床センサーにより精度が向上したことで、利用者の就寝時の行動特性を把握することも可能になりました。利用者のデータを活用した、ログ解析ソフトも販売する予定で、ケアの質向上への貢献も期待できます。

  昭和電工では製品・サービスを通じた社会貢献をテーマに新規事業の創出を進めており、その一つとして、創業時からの中核事業であるアルミニウム関連の研究開発においてセンサーを手掛けてきました。今回の離床センサーを始めとし、利用者の生体情報(体重や呼吸、脈拍など)を測定する非接触型の睡眠(呼吸)センサーの開発も進めております。今後もさらなる改良を進め、ヘルスケア・セキュリティ分野への拡販を目指します。

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
広報室   03-5470-3235