トップページ>ニュースリリース>2013>3R推進功労者等表彰にて経済産業大臣賞を受賞

ニュースリリース

3R推進功労者等表彰にて経済産業大臣賞を受賞
-当社グループのアルミ缶リサイクル活動を評価-

2013年10月30日

  昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、平成25年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰(3R推進功労者等表彰)「経済産業大臣賞」を受賞しました。当社グループが、これまで40年以上にわたり行ってきた全社員参加のアルミ缶リサイクル活動が評価されたものです。

  本表彰では、消費者団体や業界団体等の約80団体が会員となっているリデュース・リユース・リサイクル推進協議会が、廃棄物の発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再資源化(リサイクル)の取り組みにおいて、顕著な実績を挙げている個人・グループ・学校・事業所・地方公共団体等を毎年表彰しています。

  このアルミ缶リサイクル活動は、1971年に当社の子会社である昭和アルミニウム缶株式会社が日本で初めてアルミ製飲料缶を製造したことを契機として、1972年から社員の自主的な活動として開始され、現在では当社グループ全社員が参加する活動として引き継がれています。また、当社グループ内だけではなく、各事業所では近隣住民と共同のアルミ缶の回収活動も行われています。なお、収益は地域の社会福祉協議会や歳末助け合い募金、障害者サークルへ寄付されており、地域社会の福祉活動等に活用いただいています。

  当社グループは、アルミ缶リサイクルをはじめとする諸活動により、今後も3Rを積極的に推進します。また、リチウムイオン電池部材やパワー半導体向けSiCエピタキシャルウエハーなどの開発に取り組み、地球環境負荷低減へ貢献してまいります。

 以上


表彰状を受け取る天野賢 昭和電工取締役執行役員

 

◆ お問い合わせ先
昭和電工株式会社 広報室 03-5470-3235