トップページ>ニュースリリース>2014>ベトナムアルミニウム製缶メーカーの子会社化を完了

ニュースリリース

ベトナムアルミニウム製缶メーカーの子会社化を完了

2014年6月3日

 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)および当社が全額出資する子会社の昭和アルミニウム缶株式会社(社長:遠藤 政宏、東京都品川区、以下、昭和アルミニウム缶)は、ベトナムのアルミニウム製缶メーカーであるRexam-Hanacans Joint Stock Company(以下、Hanacans社)の持分取得にかかる手続きを完了し、5月30日付で同社を子会社化いたしました。

 今回のHanacans社の持分取得は、当社グループのアルミニウム缶事業において初めての海外進出となる案件であり、本年1月8日にその概要について発表を行っています。Hanacans社は、ベトナム北部最大*のアルミニウム製缶メーカーとしてすでに現地飲料メーカーへの強固な販売基盤を築いておりますが、今後、昭和アルミニウム缶が持つ先進的な生産技術と高度な品質管理体制を導入することで製品の競争力をさらに高め、需要伸長が予想されるベトナム市場での事業拡大を図ります。

以上

ご参考:当社リリース
2014年1月8日付  ベトナム アルミニウム製缶メーカーの株式取得について

【Hanacans社の概要】
社名    :Rexam-Hanacans Joint Stock Company (社名変更予定※)
      ※2014年7月にHanacans Joint Stock Companyに社名変更いたしました。
所在地   :ベトナム社会主義共和国バクニン省(首都ハノイより20km)
資本金   :383,987百万ベトナムドン(約18億3千万円)
株主    :昭和アルミニウム缶株式会社   90%
         昭和電工株式会社      1.75%  
           Hanakaグループ      8.25%
代表者   :General Director  田口賢一
事業内容:ビール・飲料用アルミニウム缶の製造販売
従業員   :約170名

◆ 報道機関お問合せ先:
広報室   03-5470-3235