トップページ>ニュースリリース>2014>コンデンサー用高純度アルミ箔の価格改定について

ニュースリリース

コンデンサー用高純度アルミ箔の価格改定について

2014年8月22日

 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、アルミ電解コンデンサーの主要材料である高純度アルミ箔の価格改定を以下のとおり行うことを決定し、お客様との交渉を開始します。

1.価格改定の内容

  (1)対象製品 
     コンデンサー用高純度アルミ箔

  (2)値上げ幅
     (圧延加工費として)38円/kg *

  (3)実施時期
     2014 年10 月1 日出荷分より適用

  *適用地金ルールは従来どおり

2.価格改定の背景

 当社は、2010 年に圧延加工費の価格改定を行いましたが、以後、燃料(電力・ガス)や圧延油・洗浄油などのコストは高騰し、加えて、高品位アルミニウム地金に対するプレミアムも高値で推移しています。
 このように、電解箔事業を取り巻く環境は長期にわたって厳しい状況が続いており、当社はこれまでもコスト上昇分の吸収のため生産の効率化等に努めてまいりました。しかし、自助努力による対応も限界を超えていることから、安定供給体制の維持のためにも、お客様にコスト上昇分の一部ご負担をお願いせざるを得ないとの結論に至りました。

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
広報室   03-5470-3235