ニュースリリース

アセチルチェーン製造プロセスのライセンス販売について米社と提携

2015年2月9日

 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、米国KBR社(CEO:W. Frank Blount、テキサス州)と業務提携契約を締結いたしました。提携の内容は、当社が開発した酢酸およびその誘導品(アセチルチェーン)の製造技術を、KBR社と共同で販売するものです。

 当社は大分石油化学コンビナート(大分市、代表:竹内 陽一)において、40年以上にわたりアセチルチェーンの事業を展開してまいりました。長年培ってきた独自の触媒・プロセス技術に加え、安定・安全操業のために蓄積してきた運転技術やノウハウを、KBR社にライセンスとして提供いたします。

 KBR社は、石油化学などの製造プロセスにおいて技術供与の実績を豊富に持つ、世界有数のエンジニアリング会社です。当社は、KBR社が保有する販売網を活用し、当社技術のライセンス機会の拡大を目指すとともに、さらなる技術の高度化を目指します。

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
広報室 03-5470-3235

ページトップへ