ニュースリリース

2016年入社式社長訓示(要旨)

2016年4月1日

変革の時代に

 本年1月、当社グループは中期経営計画「Project 2020+」をスタートさせた。不安定・不確実な経営環境のなか、ビジネスチャンスを獲得し計画を達成するには、我々自身が大きく変わらなければならない。重点市場領域に対して当社の強みを生かすべく、積極的なグローバル展開を実行し、収益性と安定性を高いレベルで持続する個性派事業を数多く有する企業グループに変革していく。

 その始動となる年に当社グループの一員となった皆さんには、やりがいのある機会が多く待ち構えている。是非その機会を活かし、力を発揮してほしい。

3つの「プラス」

代表取締役社長 市川秀夫代表取締役社長
市川秀夫

新入社員の皆さんに今日から意識し、実行してほしい3つのことを伝える。

  1. 1.「具体化。」
    未来を変える原動力は皆さん一人ひとりの熱い想いから生まれる。社会人になった今の想いを目標として明確にし、さらに行動へと具体化してほしい。
  2. 2.リーダーシップ
    「具体化。」には周囲を巻き込み、時には引っ張っていく強い力が必要だ。その力を鍛える第一歩は「責任を引き受ける」こと。たとえ困難な場面が想定されたとしても、自らが主体的に行動する意思と勇気を持ち、実行してほしい。
  3. 3.ダイバーシティ
    一人ひとりの多様性を尊重し、受け入れ、積極的に活かすことで、新しい発見やアイデアが生まれる。職場にいる上司や先輩、社外の人とのつながりを大切にしてほしい。

「Project 2020+」のプラスには、当社グループで働く全員が参画し、一人ひとりが新たな価値をプラスしてほしい、という意味が込められている。当社グループの、また皆さん一人ひとりの夢の実現に向け、グローバルな視野を持ち、絶えず新たな挑戦をしてほしい。

◆ 報道機関お問い合わせ先
昭和電工株式会社 広報室 03-5470-3235

ページトップへ