ニュースリリース

日本政策投資銀行より最高ランクの「DBJ 環境格付」を取得

2016年3月31日

 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、株式会社日本政策投資銀行(以下、日本政策投資銀行)の環境経営度の審査において最高ランクの格付を取得し、3月31日に同行の「DBJ環境格付」融資を受けました。

 「DBJ 環境格付」は日本政策投資銀行が開発した格付システムにより企業の環境経営度を評価し、優れた企業に対して融資条件を優遇する「環境格付」の専門手法を導入した融資です。

 このたびの最高ランクの格付取得は、①ISO26000やGRI指標等を用いて事業活動に必要な検討課題を検証した上で、自社の中長期の経営課題と紐づけた重要課題の特定に至っていること、②CSR調達の改善に向けた取り組みを2008年から継続するとともに、化学物質総合管理システムの導入により、グループの化学物質の情報管理を一元化する等、サプライチェーンの高度化に取り組んでいること、③ダイバーシティ推進のための社内組織立ち上げやCEO表彰制度の創設等を通じて、女性・高齢者・障がい者等の活躍の機会を広げるダイバーシティ経営を積極的に推進していることが評価されたものです。

DBJ環境格付け2015マーク

 当社グループは、お客様の期待に応える製品・サービスを提供するとともに、事業を通じて地球環境やエネルギー・資源問題等の社会的課題解決に取り組み、「豊かさと持続性が調和する社会の創造」に貢献してまいります。

以上

◆ 報道機関お問い合わせ先
広報室 03-5470-3235

ページトップへ