ニュースリリース

Shodex®、分析用カラム4製品を発売
-SEC・HILIC用カラムのラインナップを拡充-

2016年8月31日

 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、高速液体クロマトグラフィ(HPLC)用の分離・分析カラム「Shodex®」において、SEC*用充てんカラム「GPC HK」「PROTEIN LW」、HILIC**用充てんカラム「HILICpak® VC-50」「HILICpak® VN-50」の計4製品の販売を9月より開始します。

 今回発売する「GPC HK」は、従来にない迅速分析を実現すると同時に有機溶媒の使用量を大幅に削減した環境対応型のGPC***用充てんカラムで、ポリマーの分子量分析における作業負荷を低減します。また、「PROTEIN LW」および「HILICpak® VC-50」は近年注目される抗体医薬・脳内物質などの医薬分野、「HILICpak® VN-50」はバイオエネルギー分野における高感度分析を可能としました。

 分析カラムに求められるニーズは時代とともに変化し、その用途は多様化・高度化しています。当社は今後も、お客さまのご要望に応えるべく、医薬やエネルギー分野など、産業の発展に寄与する高機能製品のラインナップを拡充します。

 なお、今回発表の4製品は、9月7-9日に幕張メッセで開催される「JASIS 2016」にて紹介します。

1.超迅速GPCカラム「GPC HK」シリーズ

 GPC(有機溶媒系SEC)法はポリマーの分子量分析において最も普及している分析方法ですが、一方でGPCカラムは溶離液に各種有機溶媒を使用するため、環境への配慮から、当社では溶離液の使用量低減と分析の迅速化に取り組んでまいりました。

 今回発売する「GPC HK」シリーズは、充てん剤の粒径を小さく均一に制御したことで、同範囲の分子量分析ができる既存カラム(KF-804L)に比べ分析時間を6分の1に短縮し、有機溶媒の使用量も6分の1に削減しました。また、溶媒置換性が高いため、GPCカラムでありながら、溶媒毎に専用カラムを使い分ける必要もありません。

 加えて、充てん剤粒径の均一化により高流速下でも圧力を低く抑えられるため、迅速分析でありながら、超高速液体クロマトグラフィ(UHPLC)用の分析装置も不要です。

<既存カラム(KF-804L)との分析速度の比較>

既存カラム(KF-804L)との分析速度の比較

2.抗体医薬品分析用GFC****カラム「PROTEIN LW」シリーズ

 当社のGFCカラム「PROTEIN」シリーズは、シリカ系充てん剤を用いたタンパク質・酵素分析用のカラムです。今回発売する「PROTEIN LW」シリーズは、近年注目される抗体医薬品において、主成分である抗体の分離に高い機能を発揮します。

 抗体とはタンパク質の一種で、特定の異物が体内に侵入すると異物を認識し、その抗原(目印)と結合して体内から排除する働きをします。一方で、抗体医薬に利用されているモノクローナル抗体は、抗体同士で結合しやすく、結合により生成する二量体や凝集体は働きが変化し副作用の原因にもなりうることから、抗体医薬品の品質管理において原薬内の多量体解析が重要となっています。

 本製品は、インシュリン分析などで好評いただいている既存カラム(KW-800シリーズ)を改良したもので、当社独自の充てん剤の表面修飾技術により、凝集体、特に単量体と二量体の分離度を向上させました。

<抗体(IgG)の分離能比較>
当社の既存カラム「KW-803」および他社のSECカラムと同条件で測定したところ、LW-803は、単量体と二量体の分離において最も高い分離能を示しました。

抗体(IgG)の分離能比較

3.HILICpak® 2製品

 当社の「HILICpak®」シリーズは、親水性化合物の高感度分析が可能なHILIC用カラムです。2014年に発売した第一弾の「HILICpak® VG-50」ではアミノカラムでありながら還元糖の回収率を向上させ、昨年発表した「HILICpak® VT-50」では、リン酸基が付いた糖類(リン酸化糖)や有機酸、各種薬物などのアニオン性試料の高感度分析を可能にしました。今回、カチオン性生体化合物の高感度分析を可能とした「HILICpak® VC-50」、オリゴ糖の高感度分析に適した「HILICpak® VN-50」の2製品が加わり、「HILICpak®」シリーズにおいて、より広範囲の親水性化合物の分析が可能となりました。

①神経伝達物質の分析が可能な「HILICpak® VC-50」
今回新たに開発した「HILICpak® VC-50」は、充てん剤にカルボキシル基を導入し、アミン系神経伝達物質やコリン・アセチルコリン、アミノ酸などのカチオン性官能基を有する試料の高感度分析を可能にしました。微量の試料から複数の脳内物質を同時に分析できることから、神経疾患など、脳科学分野における研究に適しています。

<コリン・アセチルコリンおよび各種アミン系神経伝達物質のLC/MS一斉分析>
5種のアミン系神経伝達物質とコリン、アセチルコリンをLC/MS*****(液体クロマトグラフィ質量分析計)で分離・分析したところ、15分以内にすべての化合物を分離・検出しました。

コリン・アセチルコリンおよび各種アミン系神経伝達物質のLC/MS 一斉分析

②オリゴ糖分析が可能な「HILICpak® VN-50」

 「HILICpak® VN-50」は、オリゴ糖の高感度分析に適したHILIC用カラムです。高度に親水化した充てん剤が優れたHILICモードを発現し、従来のSECモードでは困難だったLC/MS分析を可能としました。オリゴ糖は機能性食品の他、バイオエタノールの原料として知られており、バイオ燃料の糖化工程で生成されるオリゴ糖の分析は、アルコール生成の効率向上において重要な役割を担っています。今回、LC/MS分析によって、糖化工程における複数種のオリゴ糖を十分に分離することが可能となりました。

<オリゴセルロースのLC/MS一斉分析>

HS-2500
  • *SEC(Size Exclusion Chromatography、サイズ排除クロマトグラフィ)…充てん剤の細孔を用い、タンパク質や合成高分子等の試料成分を分子の大きさ(分子量)に基づいて分離・分析する方法。
  • **HILIC(Hydrophilic Interaction Chromatography、親水性相互作用クロマトグラフィ)…順相クロマトグラフィの一種で、カラムに注入された試料成分を親水性の低い化合物から溶出させる方法。
  • ***GPC(Gel Permeation Chromatography、ゲル浸透クロマトグラフィ)…溶離液に有機溶媒(テトラヒドロフラン、クロロホルムなど)を用いるSEC分析方法。
  • ****GFC(Gel Filtration Chromatography、ゲルろ過クロマトグラフィ)…溶離液に水溶液を用いるSEC分析方法。
  • *****LC/MS(Liquid Chromatography Mass Spectrometry、液体クロマトグラフィ質量分析法)…試料成分の高感度定量や構造解析に用いられる分析方法。試料を液体クロマトグラフィ(LC)で成分毎に分離したのち、質量分析計(MS)で分離された成分を検出する。

◆ 報道機関お問合せ先:
広報室 03-5470-3235

ページトップへ