ニュースリリース

水溶性ビタミンE誘導体TPNa®にアイケア効果を発見

2016年10月24日

 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、化粧品原料として販売している水溶性ビタミンE誘導体「TPNa®(ティーピーエヌエー)」に目のクマへの改善効果を見出し、アイケア用途の化粧品原料としての出荷を開始しました。

 TPNa®は当社が開発した独自構造を持つ水溶性のビタミンE誘導体で、肌荒れ防止効果を持つ医薬部外品主剤として2004年に厚生労働省より登録認可されています。化粧品に配合することで抗炎症、保湿が期待でき、お客様に高く評価いただいています。

 今回、改善効果を見出した目のクマは、血行不良による青クマ、血液由来の色素性沈着物に由来する茶クマ、肌のたるみや皮膚のへこみなどの影に由来する黒クマに分類され、これらが複雑に関連して肌に表れていると言われています。このように要因が複数であるため、クマの改善につながる製品の開発は、それぞれのクマに効果があるものの混合物が主体でした。

 このたび当社は、TPNa®が単体で複数のクマ改善に多角的アプローチで働くことを見出しました。TPNa®は血行促進作用を持ち、代謝改善につながることから青クマに効果が期待でき、また茶クマの原因である色素性沈着物の分解・除去に関わる酵素を増加させる効果もあることが判明しました。4週間の臨床試験(*)を実施したところ、82%の被験者に下眼瞼部のL値(肌色の明度を示す値)の改善が見られました。

 なおTPNa®のクマへの改善効果は10月30日から11月2日にかけてアメリカ フロリダ州オーランドで開催される国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)、11月8日から10日にかけてタイ バンコクで開催されるin-cosmetics Asiaの企業出展ブースでも紹介する予定です。当社は、現在推進中の中期経営計画“Project 2020+”において、化粧品原料事業を含む機能性化学品事業を成長加速事業とし、積極的な事業展開を図っています。今後も高機能化粧品原料を拡充し、お客様の期待に応えてまいります。

以上

目のクマに対する臨床試験

<ご参考>

  • *目のクマに対する臨床試験
    TPNa®は目のクマに対し顕著な改善効果を発揮することが分かりました。 試験方法:クマを有する21名の被験者(女性、年齢31-49歳、白人)に1%TPNa®配合クリーム、無配合クリーム(Placebo)を4週間塗布し、クマ部位の明度の変化(L値)を測定。

◆ 報道機関お問合せ先:
広報室 03-5470-3235

ページトップへ