ニュースリリース

建材・緑化土木・土壌改良用資材 黒曜石パーライトの価格改定を決定

2017年10月3日

 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)の子会社 芙蓉パーライト株式会社(長野県諏訪郡下諏訪町、社長:河西 正彦、以下 芙蓉パーライト)は、同社製品である黒曜石パーライトの価格改定を次のとおり行うことを決定し、お客様との交渉を開始します。。

1.価格改定の内容

①値上げ幅
平均15% (1次店卸価格、品種により幅は異なる)

②実施時期
2018 年1月1日出荷分より

2.価格改定の背景

 芙蓉パーライトは、長野県和田峠で黒曜石を採掘し、長野県下諏訪町の本社工場にて焼成、乾燥させ、黒曜石パーライトを生産しています。近年、採掘作業における人件費等の高騰に加え、加工工程に用いる重油やLPGなどの燃料価格が上昇しており、自助努力によるコストダウンのみでは吸収できないことから、製品価格の改定を実施することにいたしました。

3.黒曜石パーライトとは

 天然の黒曜石を粉砕し約1,000℃で焼成発泡させた白色粒状の製品であり、超軽量でありながら粒の中心部には水が浸透しない性質を持つため浸水下においても軽量性を保つという特徴を持ちます。このため、プレミックスモルタル等建築資材の原料や緑化・土木関連資材として使用されています。

4.芙蓉パーライト

社名
芙蓉パーライト株式会社

本社所在地
長野県諏訪郡下諏訪町

事業内容
建設資材向け軽量骨材および緑化・土木用資材の製造販売

設立
1973年3月

資本金
1億3000万円

売上高
5億9680万円(2016年12月期)

株主
昭和電工株式会社(73.08%)
旭化成建材株式会社、大成建設株式会社、東亜建設工業株式会社、五洋建設株式会社、西松建設株式会社、太平洋セメント株式会社

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
広報室   03-5470-3235

ページトップへ