ニュースリリース

世界最大記録容量1.5TBの3.5インチハードディスク出荷開始

2017年12月20日

 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、3.5インチサイズとして世界最大の記録容量(注1)である1枚当たり1.5-1.8テラバイト向けのハードディスクを今月より出荷開始しました。

 本製品は、東芝デバイス&ストレージ株式会社の世界初(注2)、CMR方式で記憶容量14TB を達成したニアライン向けHDD(注3)「MG07ACAシリーズ」に採用されたもので、当社が世界に先駆けて2005年に生産・販売を開始した垂直磁気記録方式の3.5 インチハードディスクでは第9世代(注4)となる製品です。 デジタルデータの記録に広く使用されているHDDでは、近年、クラウド化の進展によるデータ生成量の増加に伴い、データセンター向けの出荷が増加しています。当社は、HDDの記録容量を左右するキーパーツであるメディアにおいて、これまで世界最高クラスの製品をいち早く市場に投入してまいりました。当社は世界最大のメディア専業メーカーとして、今後も“ベスト・イン・クラス”をモットーに、HDDの高容量化に貢献してまいります。

以上

(注1)2017年12月20日現在(当社の調査) 

(注2)2017年12月8日時点

(注3)CMR方式:従来型磁気記録方式(Conventional Magnetic Recording)のことで、垂直磁気記録方式(PMR:Perpendicular Magnetic Recording)のうち、瓦書き記録方式(SMR:Shingled Magnetic. Recording)を用いない従来の記録方式を指す。ランダムアクセス性に優れている。

(注4)当社の垂直磁気記録方式ハードディスクは、記録容量に応じて次のとおり区分しています。

 2.5インチ3.5インチ
第1世代 80GB 160GB
第2世代 120GB 250GB
第3世代 160GB 334GB
第4世代 250GB 500GB
第5世代 334GB 750GB
第6世代 500GB 1TB
第7世代 670GB 1.1~1.3TB
第8世代 750GB 1.3~1.5TB
第9世代 1TB 1.5~1.8TB

1TB(テラバイト)=1000GB(ギガバイト)/枚

◆お問い合わせ先  広報室   03‐5470‐3235

ページトップへ