ニュースリリース

コメ型経口ワクチン「MucoRice」に関する業務受託のお知らせ

2018年4月24日

 昭和電工株式会社(代表取締役社長:森川 宏平)は、アステラス製薬株式会社(代表取締役社長CEO:安川 健司)が国立大学法人東京大学 医科学研究所(所長:村上 善則)、国立大学法人千葉大学(学長:徳久剛史)および株式会社朝日工業社(代表取締役社長:髙須 康有)と進めるコメ型経口ワクチン「MucoRice-CTB(以下、ムコライス)」の共同研究プロジェクトにおいて、アステラス製薬が担う業務の一部を受託する契約を締結しました。当社は今月より業務を開始し、本契約下において、植物育成用LED照明等をアステラス製薬へ提供いたします。

 当社は、これまでに培ってきた経験やノウハウを活用し、ムコライスの開発に貢献してまいります。

昭和電工について

 当社の植物育成用LED照明は、植物の光合成に最適な深紅色(波長660nm)を世界最高効率で発光できる*当社独自のLEDと青色LEDを搭載しています。当社独自の高速栽培法S法(SHIGYO®法)は、本LED照明を用い、それぞれの光を交互に照射することで、レタスを播種後30日で150gに成長させることができます。当社は、高速栽培法S法(SHIGYO®法)をベースに、光環境を自在に制御することで広範囲の栽培技術に対応します。

 *2018年4月24日現在

以上

お問合せ先:広報室 03-5470-3235

ページトップへ