スピエラ

よみがな すぴえら
英語名称 Spiera
製品の別名
  • ブチロラクトンチオール / Butyrolactonethiol
  • 2-メルカプト-4-ブタノリド / 2-mercapto-4-butanolide<化学名> <化学名>

この製品について問い合わせる

お問い合わせ先
機能性化学品事業部 特殊化学品部 パーソナルケアグループ

製品説明

カールもカラーも取り入れた、軽さのあるヘアスタイルが主流となっている現代。それと同時に、ツヤとコシのある健康毛へのニーズも高まっています。しか し、従来のカーリング剤はアルカリにより髪を膨潤(膨らむ)させるという手法でカールを形成するためダメージが避けられず、せっかくのヘアカラーが色落ち してしまう、刺激臭が残る、などの難点が……。
それらを解消すべく、昭和電工(株)が研究開発を進めて実現したのが、まったく新しい弱酸性の高性能カーリ ング剤「スピエラ®」です。

特徴① 髪を傷めない弱酸性・・・だから、ダメージ毛でも安心

髪は表面のキューティクルは疎水性(水をはじく)であり、内部は親水性(水になじむ)であるという性質を持っていす。そのため、疎水性と親水性の両方を持つチオール系化合物を合成し、弱酸性で十分なカール形成を可能にしました。アルカリにより髪を膨潤させることもないから、ダメージヘアでも安心して使えます。


特徴② 高いカーリング性能・・・確実で高いカール形成力を追及

これまで弱酸性のパーマとは一線を画する、確実で高いカール形成力を追及。僅か2%程度という低濃度の産生処方で、思い通りのカール形成が可能です。


特徴③ 風合い・感触が良い・・・バージンヘアの感覚を大切に

髪のコシや風合いを大切にし、バージンヘアの感覚を残します。傷んだ髪でも。施術後には滑らかな手触りを実感できるほどです。残臭が少ないのも魅力。


特徴④ ヘアカラーと相性がいい・・・色落ちも少なく、カール&カラーの同時施術が可能に

「スピエラ®」は高いカーリングで傷んだ髪にも高いカール形成力を発揮。ヘアカラーの色落ちも抑えるので、カール%カールの同時施術が可能になりました。

 

~全てが新しい~(サロンのプロ達の実感です)

※  ダメージヘアでも「スピエラ®」なら新しいカール実現
※  「スピエラ®」のカールは、ドライ後もしっかりリッジがでる。
※  施術前後のコンディションが変わらず、指通りが良い。
※  残臭が無いので、お客様に喜ばれそう。
※  弱酸性だから手荒れの心配なく使える。

スピエラは昭和電工株式会社の登録商標です。


marcel(マルセル:新美容出版)12月号でスピエラが紹介されました。(外部サイトへリンクします)

marcell(マルセル:新美容出版)1月号でスピエラが紹介されました。(外部サイトへリンクします)


marcell(マルセル:新美容出版)2月号でスピエラが紹介されました。(外部サイトへリンクします)


marcell(マルセル:新美容出版)3月号でスピエラが紹介されました。(外部サイトへリンクします)


製品関連情報

性状

無色から微黄色液体

保管条件等

直射日光を避け、常温保管して下さい。

荷姿

1kgガラス瓶、10kgポリ容器

CAS Reg#

14032-62-3

関連諸法規

薬事法

お問い合わせ先

機能性化学品事業部 特殊化学品部 パーソナルケアグループ
TEL :03-6402-5090
FAX :03-5403-5730

この製品について問い合わせる

このページおよび添付ファイルに記載されているデータは代表値であり保証値ではありません。

お問い合わせ

  • SDSダウンロード
  • こんなところにSHOWA DENKO
  • バーチャル工場見学
  • SHORAYAL GUARD
  • Shodex
  • Autoprep
  • 可視光応答型光触媒ルミレッシュ
  • Karenz
  • ECOANN