カーボン樹脂モールドセパレータ

よみがな かーぼんじゅしもーるどせぱれーた
英語名称 Carbon Mold Separator
製品の別名
  • カーボンモールドセパレータ / Carbon Mold Separator

この製品について問い合わせる

お問い合わせ先
先端電池材料事業部

製品説明

 昭和電工が蓄積した黒鉛化技術、成形加工技術、及び表面処理技術を駆使して開発した黒鉛微粉と樹脂の複合材料からなる固体高分子形燃料電池(PEFC)用セパレータです。黒鉛樹脂組成物として最高1.5mΩ・cmの導電性を実現できる異方性の小さい高導電性黒鉛と、厚さ100μm以下の柔軟性に優れる薄肉シートを加工する技術、持続性に優れる低コスト親水化技術がお客様から高く評価されております。
 さらに出力密度を向上できる機能を付与し、低コストセパレータを提供するだけでなく、燃料電池のトータルコストパフォーマンスに貢献できる技術を所有しており、燃料電池の普及に貢献できる新技術の開発を進めています。

 

製品説明

【燃料電池構成図】


[特徴]

  • [   黒鉛微粉  ] 
  • 高導電性黒鉛微粉と低コスト黒鉛微粉の組み合わせにより要求特性を実現します
  • [   薄肉成形  ]
  • 薄肉シートをモールドへ供給し、高速成形することで、機械切削加工と同等の精度を実現します
  • [ 機械的特性 ]
  • 曲げても割れにくい柔軟性があります。
  • [     機能性    ]  
  • ①親水化 当社のケミカル表面処理により、持続性に優れる親水性表面を形成し、フラッディング防止と出力密度向上ができます。
  • ②溶着技術 セパレータ同士を溶着して接触抵抗を低減し、さらにはガスケットやパッキンを用いずにアッセンブルできます。

 

  • [ その他特性 ] 
  • セパレータ特性として必要なガス不透過性、熱伝導性、低溶出不純物、耐久性、機械的強度等は、要求特性値を満たします。

 

 

 

 

 

 

 

[代表特性]


                       *表中の値は代表値であり保証値ではありません。

     1)熱硬化系:高温耐久性に優れています。連続使用温度130℃。

     2)熱可塑系:薄肉成形、高機能性に優れています。連続使用温度100℃

【その他の用途】

 セパレータ材料は高い導電性と熱伝導性から、次のような用途でも使用できます。

・     燃料電池用の集電板

・     電池部材(電極・集電材等)

・     電解電極

・     放熱材料

・     電磁波遮蔽材

お問い合わせ先

先端電池材料事業部
TEL :045-453-5779
FAX :045-543-5764

この製品について問い合わせる

このページおよび添付ファイルに記載されているデータは代表値であり保証値ではありません。

お問い合わせ

  • SDSダウンロード
  • こんなところにSHOWA DENKO
  • バーチャル工場見学
  • SHORAYAL GUARD
  • Shodex
  • Autoprep
  • Karenz
  • ECOANN