トップページ>研究・技術開発>昭和電工グループが目指す社会

昭和電工グループが目指す社会

昭和電工グループが目指す社会

気候変動や資源枯渇、人口構造の変化、都市化の進行、世界経済の多極化、技術の飛躍的進展、原燃料・エネルギーの環境変化などの世界的な潮流のなか、当社グループは「インフラケミカルズ」、「エネルギー」、「移動・輸送」、「生活環境」、「情報電子」という5つの市場領域に対し、高付加価値の製品・技術・サービスを提供し、世界規模での社会課題解決に貢献してまいります。

社会や人々の願いや夢を化学の力で一つでも多く実現し、豊かさと持続性の調和する社会の創造に貢献する「社会貢献企業」を目指してまいります。

近い将来社会の中で活躍すると思われる、当社グループの研究中や開発中の製品をここでご紹介します。

昭和電工グループが目指す社会

①新エネルギー発電システム「SiC(パワーデバイス)」   ②大規模データセンター「次世代高密度記録媒体」
③植物工場「LED」「高熱導電性アルミ基板」 ④太陽光発電所「カーボン」
⑤電気自動車「LIB材料」 ⑥燃料電池車「燃料電池材料」
⑦インフラ建材素材

⑧フレキシブルディスプレイ
「耐熱透明フィルム」
「機能性モノマー」
「ITケミカルズ」
「プリンテッドエレクトロニクス」