バーチャル工場見学

ちょっと知ったかぶりの「昭夫君」と好奇心旺盛な「美和ちゃん」、この2人の話から昭和電工の製品がどうやって造られているのか見てみましょう。

昭夫君の話は実はお父さんの話の受け売りなんですけどね。
それを気づいていても美和ちゃんは昭夫君の話についつい引き込まれてしまうみたい。

お話のひとつ「人造黒鉛電極」の紹介です。

昭夫
美和ちゃん、突然だけど「じんぞうこくえんでんきょく」って知ってる?
美和
それな~に?「電極」っていうからには電気を通すためのもの?
昭夫
正解!でもただの電極じゃないんだな。何千度もの高温になって古い鉄を溶かし、新しい鉄を造り出すっていう大切な役割を果たしているんだよ。大きなものは直径80センチ、長さ2メートルにもなるんだ。
美和
わあ、大きい!それにそんな高温に耐えられる製品がいったいどうやって造られるの?
昭夫
じゃあ、絵とお父さんから借りた写真を使ってわかりやすく説明してあげるね。

昭夫
将来は科学者を目指す中学生。お父さんは昭和電工で働くバリバリ社員。お父さんから会社でつくっているいろいろな製品の話を聞くのをいつも楽しみにしている。
美和
昭夫君のクラスメート。物知りの昭夫君とは幼なじみでもあり、将来の希望は学校の先生。
最近大人びてきた昭夫君をちょっと見直している。

動画コンテンツをお楽しみいただくためには「Adobe®Flash®Player (無償配付)」のプラグインが必要です。
※ Adobe および Adobe Flash Player は、Adobe, Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

Get ADOBE FLASH