先端電池材料事業部

 先端電池材料事業部では、リチウムイオン電池および燃料電池部材の事業化に取り組んでいます。

 リチウムイオン電池分野では、負極材「SCMG®」、正負極添加剤「VGCF®」、電池包材向けアルミラミネートフィルム、正極集電板カーボンコートアルミ箔SDX®を、燃料電池分野では、カーボンセパレーター、カーボン集電板を提供しています。地球環境への負荷低減を可能にする技術として、いずれの分野においても、新規材料の積極的な研究開発を進めています。

事業部のご紹介

  • 先端電池材料事業部
    〒221-8517
    神奈川県横浜市神奈川区恵比須町8Map
    TEL:045-453-5779
    FAX:045-453-5764

主要製品

SCMG®

弊社保有の人造黒鉛微粉製造技術(熱処理、粉砕、分級)を駆使して作製したLiイオン二次電池負極材です。

VGCF®

気相法により合成された高結晶性のカーボンナノファイバーです。熱伝導性、導電性、強度特性、摺動性(潤滑性)に優れています。

SDX®

アルミ箔上に導電性カーボンを均一にコートした蓄電デバイスの集電箔用材料です。電池の低抵抗化・高出力化・リサイクル特性の向上に寄与します。

ページトップへ