企業理念

昭和電工グループは経営理念のもと、豊かさと持続性の調和した社会の創造に貢献する「社会貢献企業」の実現を目指しています。
この方針をステークホルダーの皆様にしっかりと「約束」させていただく宣言としてスローガンを制定しました。
また、経営理念を実現していくために、さらには国際社会と当社グループの持続的発展のために、私たちが何をしていくべきかを「私たちの行動規範」として定めました。

理念体系図

昭和電工グループ経営理念

私たちは、社会的に有用かつ安全でお客様の期待に応える製品・サービスの提供により企業価値を高め、株主にご満足いただくと共に、国際社会の一員としての責任を果たし、その健全な発展に貢献します。

企業価値の持続的な向上により社会から信頼・評価されるためには、株主様をはじめ、お客様、取引先、地域関係者、社員などのステークホルダーの皆様と適切な関係を維持・発展させていくことが重要であり、これを「グループ経営理念」として明確にし、その実現に向けた経営を推進しています。

コーポレート・メッセージ「動かす」

私たちは
お客様の声を聴き、技術を磨くことで

「こころ」を動かす製品やサービスを
「社会」を動かすソリューションを

提供します

 

こころを、社会を、動かす。
世の中にもっと驚きや感動を届けるために、新たな当社グループの物語をスタートさせるためのシンボルとして、カチンコをモチーフとしています。
会社は社員にとって舞台であり、社員一人ひとりが演者となり「こころ」「社会」を積極的に動かしていくという強い意志も表現しています。


私たちの行動規範

当社グループが社会的責任を果たし、広く社会に貢献する企業となるためには、グループとしてあるべき姿、ありたい姿を明確に描き、グループ社員一人ひとりがそれに倣って主体的に行動していくことが必要です。
当社グループは、その道標として1998年に企業行動規範を制定しました。その後、2012年には「“私たちの”行動規範」と名称を含め見直し、全役職員に遵守を要請するとともに、株主・お客様・従業員・地域社会・お取引先など全てのステークホルダーに対して当社グループの取り組みの姿勢を示すものとしてきました。

昨今、事業を取り巻く環境は日々変化を遂げ、SDGs(持続可能な開発目標)の採択など、企業の社会的責任に関する国際的な取り組みにも様々な変化が生じています。また、当社グループにおいても海外事業展開が拡大し、グループガバナンスの重要性がより一層増大しています。 国内外の当社グループの役職員全員が、この社会の空気感を感じ取り、ベクトルを合わせて主体的に行動していくために、2020年5月に「私たちの行動規範」を改定しました。

(「私たちの行動規範」は各国の昭和電工グループ各社に適用されるものです。)

PDFファイルの閲覧には「Adobe Reader(無償配布)」が必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社のサイトで入手することが可能です。
※Adobe Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

Get ADOBE READER

ページトップへ