調達基本方針

昭和電工グループは、サステナブルな社会の実現に向けて、調達業務を通じて貢献していくため、サプライチェーン全体を俯瞰した上で、品質・安全性のみならず、環境・資源・人権・コンプライアンスなどに配慮した調達活動を行っています。こうした活動を実践、発展させていくため、下記の基本方針のもと、お取引先さまと協働で取り組みを推進いたします。

社会的責任(CSR)

昭和電工グループは事業を通じてすべてのステークホルダーと適切な関係を構築・継続するために、経営理念や方針等を定め、その実現に向けてグループ全体として取り組んでいます。また、経営の意思決定の仕組みを明確にするとともに、企業活動が健全に機能しているかをチェックする体制を整備し推進いたします。

レスポンシブル・ケア(RC)活動

昭和電工グループは、開発から製造・物流・使用・最終消費を経て廃棄・リサイクルに至るすべての過程において、活動の成果を公表、社会との対話・コミュニケーションを図るレスポンシブル・ケア(RC)活動を展開しています。

最適な取引

昭和電工グループは、品質・価格・納品・経営の信頼性・安全性・サービス・技術力および環境や社会的責任への取り組みを総合的に勘案した上で、最適なサプライヤを選定いたします。

パートナーシップ

昭和電工グループは、サプライヤの選定にあたり、国の内外、過去の取引実績や企業グループ関係などを問わず、公平かつ公正な参入機会を作り広く門戸を開放いたします。また、サプライヤとのコミュニケーションを深め、相互理解と信頼関係を大切にし、緊密かつ公平な協力関係を築いていきます。

ページトップへ