企業理念・
トップメッセージ
Corporate philosophy・Top message

企業理念

私たちは、社会的に有用かつ安全でお客様の期待に応える製品・サービスの提供により企業価値を高め、株主にご満足いただくと共に、国際社会の一員としての責任を果たし、その健全な発展に貢献します。

トップメッセージ

当社は2014年1月に昭和電工塩尻事業所と昭和タイタニウムを昭和電工セラミックスに統合し発足しました。2015年10月には横浜工場を設立し現在塩尻、富山、横浜にそれそれ拠点を構えています。

昭和電工のグループ企業としてグループ経営理念、CSR方針の基従業員一人ひとりがRC(レスポンシブル・ケア)、CSRを念頭に置いて活動を行ってきました。
更に、2015年に国連サミットで採決されたSDGs(持続可能な開発目標)は、達成年度を2030年として、その具体的な目標を17にまとめられたものですが、これまでのRCやCSRといった考え方から少し違った観点、すなわち地球・社会全体への貢献として私たちのCSR活動に取り入れはじめました。私たちはSDGs活動を通じて、2030年達成すべきゴールを意識しながら、持続可能な社会発展に貢献できる事業活動を行ないたいと思います。

私たちは、地球、社会の中で互いにつながっています。一つの活動や成果は、ある特定の地域、限られた人達のみが影響を受けるのではなく、最終的には社会全体へ影響を及ぼします。従業員、地域コミュニティ、お取引先、株主といった全てのステークホルダーとコミュニケーションを取り、私たちが提供する製品・技術・サービスにより人や社会をより豊かな方向へ動かせる企業になりたいと考えています。

私たちが企業活動を継続できる基礎となるのは、安全とコンプライアンス遵守です。この二つは、企業活動を継続できる資格ととらえています。より高いレベルの資格を得るため、あらゆる観点からのリスクを想定し、安全な状態、コンプライアンス遵守の状態が継続できるよう、人の育成と仕組みの構築を行い、その実行に今後とも努力を惜しまない決意です。

当社の製品は素材を中心としている為、普段皆様の目に触れるものではないかもしれませんが、社会発展を支えるのに必要な製品です。普段なかなか目に触れることのない当社の製品並びに私達の企業活動の姿勢をステークホルダーの皆様にご紹介することも今後、重視していきたいと考えています。ステークホルダーの皆様には、当社の活動にご理解を戴くとともに、忌憚のないご意見やご指導を賜りますよう、宜しくお願いいたします。 代表取締役社長