昭和電工 昭和電工

SHOWA DENKO

RECRUITING SITE

働く環境ENVIRONMENT

一生涯学習!~研修制度~TRAINING SYSTEM

人材育成の基本思想

当社では、入社から定年に至るまで学習・成長を続けていくべきであるという思想のもと、人材育成コンセプトとして「一生涯学習」を掲げています。本人のありたい姿(WANT)、本人が今できること(CAN)、会社として発揮してほしい能力(MUST)の3つの円の重なりを最大化させるため、各種の人材育成施策・キャリア開発支援を実施しています。仕事を通じて能力を伸長する≪OJT≫、職場から離れて学習する≪Off-JT≫、自身の興味やニーズに合わせて学習する≪自己啓発≫の3つを組み合わせることによって市場価値の高い人材が続々と生まれています。

能力開発支援体系図TRAINING CHART

Run-upプログラムRUN-UP PROGRAM

新入社員を一人前の昭和電工パーソンに育て上げるためのプログラム。具体的には1年目春の「スタートアップ研修」、1年目秋の「フォローアップ研修」、技術系2年目・事務系3年目の「研修テーマ発表会&ブラッシュアップ研修」の3つのプログラムで構成されています。

スタートアップ研修

スタートアップ研修では社会人基礎力(報連相、優先順位づけ、時間管理)、教えを受ける立場としての態度や心構え、会社の基本情報(企業理念、経営戦略、コンプライアンス等)を学び、配属後のスムーズな立ち上がりに繋げています。また、技術系・事務系の新入社員が共に学び合うことで同期の絆が強くなり、仕事上での交流や技術融合の糧となっています。

フォローアップ研修

配属後半年が経過したタイミングで受講するフォローアップ研修は、実際に業務を始めて気づいた自らの知識・スキルの長短を振り返ることで、さらなる成長を加速させるきっかけとすることを目的としています。問題解決力、ロジカルコミュニケーション、経験学習、財務・会計、グローバルマインドセットなどのプログラムがあり、ここでも同期の絆をさらに強める機会となっています。

研修テーマ発表会&
ブラッシュアップ研修

研修テーマ制度は昭和電工の伝統的な人材育成のプログラムで、自身の能力+αのストレッチした業務課題を遂行するものです。会社や職場の課題に直結するチャレンジングな目標を設定し、1年間かけて職場の先輩や上司の指導のもと、その課題解決に取り組みます。“研修”と呼ばれていますがテーマの設定条件は厳しく、実践的でかつ組織業績に寄与するものが選ばれています。1年後の発表会では会社のマネジメント層が並ぶ場でプレゼンテーション・質疑応答を行ない、合否の発表が行なわれます。難しい研修ではありますが、研修を終えた社員からは一様に「研修テーマへの取り組みを通じて大きく成長できた」という声があがっています。

難しい研修ではありますが、研修を終えた社員からは一様に「研修テーマへの取り組みを通じて大きく成長できた」という声があがっています。

発表会翌日にはRun-upプログラムの最後を飾るブラッシュアップ研修が行なわれます。経験学習という手法を用い、研修テーマでの学びを掘り下げ、定着させることによって、体験を自らの血肉に昇華させていきます。

グロウアップ研修GROW-UP TRAINING

CS1職に昇格後、その翌年(技術系4年目・事務系5年目)に受講する研修プログラム。自らの業務遂行力(課題発見・解決力)をストレッチするとともに、後輩を指導する立場としての心構えやテクニックを学びます。また、現場第一線のプレイヤーとして企業倫理を実践するため、コンプライアンス意識を一層高めることも目的としています。

CS2グレード・アップ研修CS2 GRADE-UP TRAINING

CS2職に昇格した年に受講する研修プログラム。課長代理級(アシスタントマネジャー)クラスの人材に求められる、付加価値の高い組織貢献(指導・統率・チームワーク形成)やリーダーシップを発揮するための成長機会と、今後の強靭なキャリア開発のための考察機会を提供しています。

経営職層昇格時研修NEW MANAGER TRAINING

経営職層(管理職層)に昇格した年に受講する研修プログラム。昭和電工グループの経営職層としてグループ経営に一層貢献するために、自身のあるべき姿と現状を明確にし、そのギャップから見える自身の課題に対する具体的なアクションを考えていきます。Eラーニング、通信教育、集合研修など、あらゆる教育手法を複合させた非常に濃密なプログラムです。

留学制度OUTSIDE TRAINING PROGRAM

指名留学 国内・海外の大学、研究機関などに派遣して、MBA取得や高度な専門知識を修得します。 海外実務研修 グローバルに活躍できる人材の育成を目的に、昭和電工の海外拠点で半年間の実習に取り組むプログラム。現地の育成責任者のもとで、海外拠点の現地業務を遂行します。

働く環境ENVIRONMENT

TOP