編集方針・報告範囲について

サステナビリティサイト 編集方針

昭和電工グループサステナビリティサイト(当ウェブサイト)では、ESG(環境・社会・ガバナンス)を軸とした当社グループの取り組みについて、 考え方・方針や体制、活動内容、数値データなどの情報を網羅的に掲載するよう努めています。 

なお、統合報告書「昭和電工レポート」では、将来に向けたビジョンや戦略、現状の取り組みについてご報告しています。あわせてぜひご覧ください。


報告時期および報告対象範囲

報告時期

2021年7月30日に年次更新を行い、2020年の実績を公開しました。
ステークホルダーの皆さまに速報性の高い情報を提供するため、2021年8月以降も随時更新します。

報告対象期間

2020年1月〜12月に2021年以降の情報を一部加えています。本文中に「年」と記載された項目は2019年1月〜12月の、「年度」と記載された項目は2020年4月〜2021年3月の範囲を対象としています。

報告対象組織

本文中の記述において、「昭和電工(株)」あるいは「当社」は昭和電工単体を、「昭和電工グループ」あるいは「当社グループ」は昭和電工および国内・海外の連結子会社を対象としています。また、「国内グループ」は昭和電工および国内の連結子会社を指します。
なお、当社は2020年に昭和電工マテリアルズを連結子会社化しましたので、一部昭和電工マテリアルズの情報を含んで開示しています。昭和電工マテリアルズのWebサイトと併せてご覧ください。

パフォーマンスデータの第三者検証

環境・安全に関するパフォーマンスデータについて、毎年外部認証を受審しています。

参考としたガイドライン

  • ISO26000:2010
  • GRI サステナビリティ・レポーティング・スタンダード 2016
  • 環境省「環境報告ガイドライン2018年版」
  • 気候関連財務情報開示タスクフォース「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)最終報告書」
  • 米国サステナビリティ会計基準審議会「SASB Standards」Industries:Chemicals

作成部署

昭和電工株式会社 サステナビリティ部

お問い合わせ

ページトップへ