CSRニュース

実験その2 スライムをつくろう

洗濯のりにホウ砂水をいれると、ゼリーみたいにとろんとした不思議な手触りのモノができます。どんな変化がみられるかな?

必ず大人の人と一緒に行いましょう。
その他の注意事項はこちらをみてね。

準備するもの

【手のひらにのるくらいの量】
洗濯のり40m(成分にPVAと表示されているもの)・ホウ砂(薬局などで買うことができます)10g・水40ml・ぬるま湯100ml・食紅・プラスチックコップ2個・割り箸

作り方

  1. プラスチックコップに、洗濯のりと水を入れて割り箸でよくかき混ぜる。
  1. 食紅を少し加えて色を付ける。
  1. 別のコップに、ぬるま湯(おふろのお湯の温度くらい)を入れ、ホウ砂を加えてよく混ぜる。

ホウ砂を目や口に入れないよう気を付けてね!

 

  1. の液を少しずつ加えながら素早くかき混ぜる。
  1. 全体が固まったら出来上がり!

スライムで遊んだあとは、手に付いたスライムが完全に落ちるまで手を洗いましょう。
スライムを口に入れないこと!
遊び終わったスライムは普通ゴミとして捨ててください。

この実験に使用するものについてホウ砂

目の洗浄などにも利用されていますが、目や口に入れないように十分気を付けてください。ホウ砂を触った手で目をこすったりしないでください。

 

豆知識スライムのふしぎ

洗濯のりに含まれるPVA(ポリビニルアルコール)の分子は直線状に結び付いた長い糸のような構造になっています。
そこにホウ砂(四ホウ酸ナトリウム)の水溶液を混ぜると、ホウ砂がPVAの糸の間をつなぎ、網目状の構造に変わります(架橋結合)。その網目に水の分子が閉じ込められることで、ぷよぷよとしたゲル状のスライムが出来上がります。

ページトップへ