サステナビリティマネジメント

レスポンシブル・ケア活動

「安全・健康・環境」に関する経営方針である、レスポンシブル・ケアの行動指針や推進体制、PDCAサイクル、監査体制などについてご紹介します。


レスポンシブル・ケア行動指針

レスポンシブル・ケア世界憲章認証書 レスポンシブル・ケア世界憲章認証書

昭和電工は、「安全・健康・環境」に関する経営方針である「レスポンシブル・ケアに関する行動指針」を1995年3月に策定し、この行動指針に基づき活動を推進しています。
また当社は、2005年に「レスポンシブル・ケア世界憲章」に署名し、その支持と実行を表明しました。その後レスポンシブル・ケア世界憲章は2014年改訂版が策定されたため、同年に改訂レスポンシブル・ケア世界憲章に署名し、国際的に協調してレスポンシブル・ケア活動を進めていくことを表明しました。

レスポンシブル・ケアに関する行動指針
(昭和電工グループ行動指針)

  1. 1.製品の全ライフサイクルにおいて、安全および健康を確保し環境を保護する観点から、事業活動を継続的に見直すとともに改善に努める。
  2. 2.生産活動において、従来型の環境保全はもとより、原料転換、省エネルギー、廃棄物の減量・再資源化、化学物質の排出量削減等を推進し、地球環境との調和による持続的発展に努める。
  3. 3.新製品開発、新規事業、設備の新設・増設・改造において、安全と健康の確保および環境の保護に配慮する。
  4. 4.安全と健康の確保および環境の保護に寄与する研究開発、技術開発を推進し、代替製品・新製品の事業化の推進を図る。
  5. 5.製品や取り扱い物質の安全・健康・環境面の影響に関するリスク評価およびリスク管理の充実を図るとともに、安全な使用と取り扱いに関する情報を、ステークホルダーに提供する。
  6. 6.海外事業、技術移転、製品の国際取引において、安全と健康の確保および環境の保護に配慮する。
  7. 7.国際規則および国内関係法令等を遵守するとともに、国際関係機関、国内外の行政機関等への協力に努める。
  8. 8.安全と健康の確保および環境の保護に関する諸活動に積極的に参加するとともに、社会との対話を深め、理解と信頼の向上に努める。


推進体制

昭和電工ではレスポンシブル・ケア(RC)推進会議を経営会議(メンバーは社長、各管掌執行役員、および必要に応じて社長が認める他の執行役員およびスタッフ部門長。議長は社長)の下に設置し、環境管理、地球温暖化、産業廃棄物、化学物質排出、水資源リスク、設備安全、労働安全衛生、健康管理、化学品安全、品質保証などのレスポンシブル・ケアに関する重要事項を事前審議しています。レスポンシブル・ケア推進会議にて審議された内容は経営会議に上程されます。また、経営会議での結果については取締役会に報告されます。

2021年6月現在、本社、13事業部(1プロジェクト含む)、15事業所、3支店、融合製品開発研究所および主要グループ会社19社でレスポンシブル・ケアを推進しています。
また、海外グループ会社(製造業)についても、レスポンシブル・ケアにかかわる実績の把握と現地指導を行い、対象範囲の拡大を進めています。 

レスポンシブル・ケア行動計画

■ PDCAサイクル PDCAサイクルの図
レスポンシブル・ケアについて、2025年にありたい姿として
以下の目標を掲げました。
  • 「つくる責任、つかう責任」を強く意識したレスポンシブル・ケア活動を通じて、地球規模の環境課題解決に貢献できること
  • 昭和電工グループ共通の安全文化が醸成され、世界トップクラスの安全基盤が構築されていること
この長期目標を達成するために、当社グループでは2、3年ごとの中期行動計画、ならびに年間行動計画を立てています。
さらに各事業場で実態に合った具体的な行動計画を作成し、
レスポンシブル・ケアを推進しています。

主な取り組みに関する2020年の実績・評価および2021年の目標 行動計画を立て(Plan)、実行し(Do)、結果を監査し、評価を行い(Check)、経営者による見直しを経て、次の目標、行動計画に反映する(Act)というPDCAサイクルを活用し、継続的改善に努めています。目標の達成に向け、今後も取り組みを活性化していきます。


教育体制

事業場環境安全責任者 安全研修

事業場環境安全責任者 安全研修(2020年2月)

当社グループは、入社時や昇格時などに、労働安全衛生・環境保全・コンプライアンスを中心としたレスポンシブル・ケア教育を実施しています。また、環境、労働安全衛生、品質マネジメントシステムの内部監査員についても、養成研修を毎年定期的に実施し、人材育成に努めています。
以下は、本社が主催したレスポンシブル・ケア全般に関する集合研修です(安全教育や化学品安全教育など、分野別の教育については各項目のページをご覧ください)。事業場からの出席者は、研修内容を各職場に持ち帰って安全活動に活かしています。

■ 本社主催 2020年 レスポンシブル・ケア(RC)研修会出席者数
開催日研修会名対象者出席者数
2020年 2月 事業場環境安全責任者 安全研修 事業場環境安全責任者 24人
2020年 12月 ISO14001 内部監査員研修 事業場希望者 21人
2020年 4月 新入社員RC研修 新入社員 62人
2020年 11月 新任製造課長等RC研修会 新任製造課長などの責任者 25人

監査体制

当社および主要グループ会社事業場は、次のような監査の実施により、活動の評価や改善を進めています。

自己監査

事業場自らがレスポンシブル・ケアシステムおよび実施状況をチェックリストに基づき評価することで、次年度の目標と行動計画に反映させ、継続的改善を進めています。

事業場監査

レスポンシブルケア部環境安全室が、当社および主要グループ会社のレスポンシブル・ケアに関する評価を行うとともに、改善を進めています。これらの事業場監査の結果は経営会議に報告され、全社およびグループ会社の方針、目標および計画に反映しています。2020年は、38事業場(本支店・事業部含む)の監査を実施しました。また、品質診断も毎年行い、事業部・事業所、グループ会社の強みおよび弱点を明確化し、グループ内に共有しています。

マネジメントシステム

当社グループは、環境、品質、労働安全衛生等のマネジメントシステム規格の認証取得・維持を通じて、マネジメントシステムの継続的改善を図っています。

今後に向けて
当社は2023年に昭和電工マテリアルズ(旧 日立化成)と法人格を統合します。
今後の統合に向けたサステナビリティへの取り組みは「昭和電工レポート2021」でご紹介していますので、合わせてぜひご覧ください。
    

 

ページトップへ