リスクマネジメント

基本的な考え方

昭和電工グループは、「安全とコンプライアンスを基盤としたリスクマネジメントの深化」をCSR方針に掲げており、ステークホルダーの信頼維持にはリスク管理の徹底が欠かせないと考え、適切な管理体制の整備やリスク低減のための対策に努めています。

リスクマネジメント体制

当社グループは、最高リスク管理責任者(CRO)をトップとしたリスク管理体制を構築し、リスク管理にかかわる重要事項を「サステナビリティ推進会議」において検討しています。ISO31000に準拠したリスクアセスメント、リスク対応、及びレビューのプロセスとして「リスク棚卸」を行い、社員全員にリスク管理意識を根付かせ、リスク管理に関するPDCAを確実に回すことで、当社グループの活動にかかわるリスクを適切にマネジメントする体制を整えてきました。また、会社の存続を脅かしかねないような事態(クライシス)に至った場合は、問題解決に早期に対応できるよう、社長を本部長としたクライシス対策本部を設置する体制を整えています。これらのリスク管理状況は、2回/年定期的に、経営会議で審議するとともに、審議結果は取締役会に報告され、リスク管理のプロセスを有効に機能させる体制としています。

「リスク棚卸」活動

「リスク棚卸」活動とは、当社グループの活動に関するリスクを特定リスク分析・評価を網羅的に行い、リスク対応につなげる一連のプロセスです。抽出、評価し見える化することにより、リスク発生の抑制および発生時の適切な管理につなげます。
 当社グループの非連結子会社事業所を含む全96拠点をリスク管理対象とし、拠点の部署毎に次に示す分類で事業活動に関するリスクを具体的に特定しています。特定されたリスク毎に発生頻度、損失の大きさなど、顕在化した際の影響度を評価後、全社のリスク管理システムに登録、リスク低減のための対策を策定し計画的に実施します。その活動状況を各部署に配置するリスク管理者が事業部長、事業場長といったトップマネジメントに報告し、対策やリスク評価の見直し等のPDCAサイクルを廻しています。また、特にレベルが高いと評価されたリスクは、「トップリスク」として、所管する本社スタッフ部がリスク対策の妥当性を評価しフィードバックするとともに、必要な助言を行い、該当するリスクに関する教育・研修、現場査察、対策指導を実施しています。

 

■ リスク棚卸活動サイクル

リスク棚卸活動サイクル

2018年の取り組み

当社グループのリスク棚卸活動はスタートして12年目となります。この間、自然災害への備えや情報漏洩への対策などに関して、グループをあげた着実な取り組みによりリスク低減が進んできました。毎年、抽出強化すべきリスクを選定し、リスク棚卸作業を行うことにより、昨今の社会情勢を踏まえた情報管理やコンプライアンスなどのリスクへの感度を高める結果につながりました。また、グループ全体の登録総数9,045件におよぶリスクを分類・拠点・所管機能別など様々な視点で分析した結果やトップリスクへの対策情報を報告書にまとめ、グループ全体で情報共有を図りました。
リスク棚卸活動を通して、品質管理・化学物質管理・気候変動・知的財産・汚職防止・労働安全・サプライチェーンといった様々な視点で包括的なリスク管理を進めるとともに、トップマネジメントによるリスク管理の有効性評価を徹底しています。特にサプライチェーンに関しては、事業部・事業場が連携して、災害など緊急事態にも早期復旧を図り、事業の継続を可能とする活動を行っています。

ページトップへ