CSRニュース

日本緑化センター会長賞を受賞しました(昭和アルミニウム缶 大牟田工場)

2015年1月28日

昭和アルミニウム缶(株)大牟田工場は、第33回工場緑化推進全国大会において、一般財団法人日本緑化センターより「平成26年度一般財団法人日本緑化センター会長賞」を受賞し、2014年11月4日の表彰式に出席しました。

大牟田工場は、市の花「ヤブツバキ」や市の木「クヌギ」を植樹し、全国的に有名な近隣の茶どころ八女の茶畑をイメージした「有明の庭(茶畑)」において実際に茶葉の栽培を行なう等、地域色豊かな緑地を整備しています。
また、自然環境に恵まれた大牟田地域との共存を図るとともに、工場とその周辺地域の環境に配慮する為、専門業者の協力を得て、芝生の刈り込みや除草、樹木の維持管理を実施しています。
さらに、工場敷地内に設置した一般向けの展示見学施設の周辺には、ランドマークとなる大きなヤシの木や、季節になると白やピンクの花を咲かせるツツジを植え、年間400名程の見学者をお迎えしています。工場見学ではアルミ缶の製造工程についてお伝えすると共に、アルミ缶リサイクルに対する資源保護を意識した啓発も行っており、このような取り組みが、工場内外の環境向上に顕著な功績があると認められ、このたびの受賞となりました。

なお、当賞の受賞は福岡県で15社目、大牟田市では初めての受賞となり、後日大牟田市長へ報告を行いました。

*日本緑化センターのホームページでも紹介されています。
日本緑化センター http://www.jpgreen.or.jp/

大牟田市長に報告大牟田市長に報告

昭和アルミニウム缶 大牟田工場 正門昭和アルミニウム缶 大牟田工場 正門

展示棟入口展示棟入口