CSRニュース

緊急防災訓練を実施しました(昭和電工セラミックス 富山工場)

2015年11月19日

昭和電工セラミックス(株)富山工場では、10月9日、緊急防災訓練を行いました。これは、1970年の爆発事故の教訓を風化させず、無災害を達成する目的で例年行っているものです。

毎年、事務局で災害シナリオを作成しますが、マンネリ化した恒例行事にならないよう、ひょっとしたら起こるかもしれないという事例を想定しています。今回はフランジ継手から漏洩した災害事例を当工場設備に置き換えて実施しました。訓練も回数を重ねるごとに内容が充実し、ひとりひとりが考えながら行動する内容に近づきつつあります。

対策本部での情報収集対策本部での情報収集

アンモニア水を被液した被災者の救出訓練アンモニア水を被液した被災者の救出訓練