CSRニュース

メンタルヘルス研修を実施しました(秩父事業所)

2015年4月9日

研修の様子研修の様子

3月27日、秩父事業所において昭和電工塩尻・大町事業所の松澤幸範産業医にご来場いただき、メンタルヘルス研修を実施しました。113名の社員が参加しました。

松澤産業医から「メンタルヘルスセルフケア」・「新興ウィルス感染症」についてお話していただきました。

メンタルヘルスセルフケアでは、職業性ストレス簡易調査表で、「仕事のストレス」の評価から、自身のストレス原因(仕事の質や量、対人、職場環境など)の把握を行いました。その後、ストレスを減らすためには、残業削減、上司への相談、改善提案などの対応が必要であることや、ストレス状態が続くと、統合失調症や躁うつ病、適応障害等、抑うつを呈する疾患が起こりやすくなることなど説明していただきました。

「新興ウィルス感染症」については2014年夏に流行したデング熱の症状や注意事項についてお話いただきました。

今後も秩父事業所では、従業員の心身の健康づくりのための取り組みを推進していきます。