CSRニュース

環境異常訓練を実施しました(昭和電工セラミックス富山工場)

2015年7月7日

昭和電工セラミックス(株)富山工場では、6月に環境月間のRC行動として環境異常訓練を実施しました。

各部署において環境への影響が懸念される緊急事態を想定し、外部へ流出させないことを第一義に、一連の作業の中で適切な判断・指示及び指示を受けた各人が適切な対応を取れるようになることを訓練の目的としています。今回、総務グループでは場内の排水路にペンキが流出したケースを想定し訓練を行いました。

ここ数年の定退者による人員の入替もあり、訓練を行っても緊急事態に対する不安は依然として残りますが、あらゆる事態を想定しリスク抽出・未然防止対策をとることで、今後も災害の撲滅に努めて参ります。

訓練のようす

訓練のようす

訓練のようす