CSRニュース

地元の高校生が工場見学に来場しました(徳山事業所)

2015年7月10日

6月17日、山口県立南陽工業高等学校 応用化学科の2年生40名が徳山事業所の見学に来場しました。

この工場見学は南陽工業高等学校の恒例行事で、生産現場・施設等の様子を直接見ることで、将来の進路選択や就職についての参考にすることを目的にしています。

まず、大会議室で会社概要や製品についての説明を行ったところ、学生さんはメモを取りながら熱心に聞いていました。
説明の後、3班に分かれて工場を実際に歩いて見学しました。現場引率者による設備や施設の説明の際には、説明を聞きながら周囲を珍しそうに眺めている方もいました。
工場見学会後の質疑応答では設備に関すること、勤務に関することなど多くの質問が挙がり、現場引率者が丁寧に回答しました。

徳山事業所では今後もこの工場見学会を継続し、地域へ貢献していきます。

会社説明で熱心に耳を傾けている学生の皆さん会社説明で熱心に耳を傾けている学生の皆さん

セレン化水素プラントを外観から見学しましたセレン化水素プラントを外観から見学しました