CSRニュース

小山第三中学校の工場見学会を実施しました(小山事業所)

2015年7月14日

小山事業所では、6月17日、地元の小山第三中学校1年生22名を招いて工場見学会を実施しました。

中学校からは、進路教育の一環として、学生が実際に現場で働く人にふれ働くことの意義・職業観を学ぶことを目的に、工場見学を毎年依頼されています。

まずはじめに、小山事業所の概要を説明し、続いて雨上がりで湿気の多い天気のなか、約1時間の鋳造・押出・冷却器の3カ所の工場見学をしました。
見学では職場環境、仕事の目的、ルール等普段とは違う内容を織り交ぜて紹介しました。
最後の質疑応答では、会社の目標、生産量、製品の種類、働き甲斐、会社を選んだ理由など、生徒から活発に質問が寄せられました。
来場の記念として、アルミ缶Sマーク入りのサイダー、アルミ貯金缶をプレゼントし終了しました。

工場見学を通じて、働くこととはどういうことか中学生の皆さんに知ってもらうために少しはお役に立てたかと思います。
小山事業所では、今後も、このような工場見学会を継続的に行い、地域との交流を大切にしていきます。

事業所説明の様子事業所説明の様子

鋳造工場見学の様子鋳造工場見学の様子