CSRニュース

ワーク・ライフ・バランス講演会を開催しました(東長原事業所)

2015年9月17日

自分にとってのワーク・ライフ・ハーモニーとは?自分にとってのワーク・ライフ・ハーモニーとは?

昭和電工㈱東長原事業所では、6月30日と7月3日の2回にわたり、総労働時間削減の取組みの一環として、福島県男女共生センター職員の方を講師に迎え、ワーク・ライフ・バランス講演会「ワーク・ライフ・ハーモニーとは?」を開催しました。

「ワーク・ライフ・ハーモニー」とは、単に仕事と生活を天秤にかけたり、時間で配分したり、両立させることではなく、「仕事がうまく行くことによって生活も潤った」、「プライベートの充実により仕事もうまく進んだ」など、仕事と生活双方をうまく調和させ、相乗効果を及ぼし合う好循環を生み出そうとする考え方や取組みのことです。

講演では「ワーク・ライフ・バランス度 チェックシート」を用いて、従業員が自分自身の日常を振り返り、現在の仕事(ワーク)と生活(ライフ)のバランスがどういう状態か確認し、それが『自分の望むバランス』であるかどうかを考えました。

今回の講演は、東長原事業所の従業員にとって一人ひとりが仕事にやりがいや充実感を持って働き、それぞれのライフスタイルやライフステージに応じた、自分の望むような人生を送るための1つの意識付けになったのではないかと感じました。これをきっかけに、従業員一人ひとりの「ワーク・ライフ・ハーモニー」の実現に向け、活動を進めていきたいと思います。