CSRニュース

運動指導会を実施しました(東長原事業所)

2015年10月28日

東長原事業所では、全国労働衛生週間の行事の一環として、健康運動指導士を講師として招き、全従業員を対象に運動指導会を毎年実施しています。日常生活で役立つ健康づくりの方法と自分の体力を知ることを目的としています。

指導会では、普段見ることの出来ない自分の歩く姿勢をビデオ撮影し、講師から歩行時の姿勢などについて注意点の指導と簡単なストレッチ等を行った後に再び撮影し歩く姿勢がどう変化したかを確認しました。歩き方のポイントを意識する事で、腕がよく振れ歩行姿勢がきれいになり、歩くスピードも上がり、全身の筋肉をきちんと使うことで代謝アップと腰痛予防にもつながることを知りました。

ウォーキングで体を解した後は、毎年実施している5種類の体力測定(筋力・柔軟性・敏捷性・平衡性・筋持久力測定)を行い、前回までの体力測定と比較し体力が向上したり衰えたりと、一喜一憂しながら楽しく汗を流しました。

今からすぐに始めることが出来る健康増進活動を今後も継続して、すべての従業員がいつまでも健康な体で働き、定年後も健康で過ごせる体づくりを目指した事業所活動をしていきたいと思います。

まずはいつもの歩き方で歩きます。まずはいつもの歩き方で歩きます。

講師による指導講師による指導