CSRニュース

特別支援学校の生徒が来場しました(秩父事業所)

2015年11月10日

秩父事業所では、10月9日、埼玉県立秩父特別支援学校の高学部の工場見学を受け入れ、生徒23名、職員8名が来場しました。

最初の概要説明では、当社は日本ばかりでなく、ベトナムや中国にも工場があること、秩父事業所で生産されているものはみなさんの生活の中でもたくさん使われていることなどをお話ししました。説明後は、LEDの色当てクイズや磁石の強さを比較する実験を行いました。生徒のみなさんは磁石の強さに驚いていました。

その後、2班に分かれてLEDとレアアースの工場見学を行いました。
LEDのチップを顕微鏡で見た生徒たちからは、「小さい!」、「見えた!」といった感想が聞かれ、とても楽しそうに顕微鏡を覗いていました。LEDチップを見終わった生徒から、「3Dのテレビにも使われていますか?」などの質問も受けました。

短い時間での見学会となりましたが、工場見学を楽しんでいただけたのではないかと思います。

説明の様子説明の様子

顕微鏡でLEDチップを見ています。顕微鏡でLEDチップを見ています。