CSRニュース

地元の小学生が工場見学に来場しました(秩父事業所)

2015年12月2日

秩父事業所では11月6日、秩父市立久那小学校の生徒19名(5年生:6名、6年生:13名)、教員2名の工場見学を受け入れました。

久那小学校では、当事業所から出前授業も行っているため、概要説明などを受けるのが二度目の生徒もいました。しかし、スライドでの説明よりも実際に工場に入り、働いている人達を目にし、LEDチップを顕微鏡を通して見た生徒からは、「すごい」といった感想が聞かれました。

レアアース工場では、装置が稼働しているところを見学しました。自分たちの体より何倍も大きなものが持ち上げられ、動いていく様子を驚いた表情で見学していました。その後、製品が出来上がるまでの工程の説明を受けました。昭和電工の製品を使用して作られた磁石の強さにも驚いていました。

「【わたしたちのくらしと工業】の学習のため、実際に会社を訪問見学し、企業活動の基礎的内容について学ぶため」を目的とした工場見学でしたが、生徒のみなさんに少しでも理解していただければと思います。

RE製造工場を見学RE製造工場を見学

LED製造工場を見学LED製造工場を見学