CSRニュース

「トライやる・ウィーク」による地域中学生の受け入れを実施(龍野事業所)

2015年12月14日

11月9日~13日の一週間、昭和電工㈱龍野事業所において、たつの市立龍野西中学校の2年生5名を「トライやる・ウィーク」活動として受け入れました。

「トライやる・ウィーク」とは、地元中学校の生徒が近隣企業等で職場体験を行う活動で、龍野事業所でも地域活動の一環として毎年数名の生徒を受け入れています。

本年度のトライやる・ウィークでは、会社・事業所の紹介・説明後、開発部、総務グループ、品質保証グループ、SCMグループ、ハイパック㈱龍野工場にて実習を行いました。実習後には、「どうしたら、昭和電工に入れますか?」、「後輩にも昭和電工の就業体験を勧めます」などのコメントがありました。

一週間、各職場での体験を通じて普段とは違う『仕事』の楽しさ・大変さを感じたようです。

今後も地域の将来を担う中学生の成長の場を提供すべく、トライやる・ウィークの受入れを継続していきます。

実習の様子

実習の様子

実習の様子