CSRニュース

事業所見学会を開催しました(東長原事業所)

2016年1月14日

2015年11月7日、東長原事業所では、近隣地区住民(東長原8地区、磐梯町5地区)および磐梯町役場担当課を招き、事業所見学会を開催しました。

今回は、昨年11月に操業開始したユニオン昭和(株)会津工場と、そこで製造している「ハイシリカゼオライト」の説明、そして2013年に(公社)日本化学会より認定を受けた化学遺産の紹介を目的に開催しました。

当事業所の紹介、ユニオン昭和の製品(合成ゼオライト)説明の後、FC課CCR及びプラント見学を行いました。そして、明治43年頃建設され、現在でも使用されている赤レンガ造り(一部木造)の塩曹工場(旧塩剥製造工場)と、当時使用されていた白御影石製の電解槽をご覧いただきました。

参加された方から「ゼオライト製品が、除湿用途と脱臭用途等身近なものに使用されているということが分かって勉強になった」といった感想をいただき、当社グループ製品への理解を深められたようです。また、化学遺産となった工場遺産の造りに大変興味を持って見ていただいていた様子でした。

今後も事業所見学会の開催を継続し、タイムリーな情報公開と信頼の向上に努めてまいります。

ハイシリカゼオライトプラント見学ハイシリカゼオライトプラント見学

旧塩剥製造工場建屋の見学旧塩剥製造工場建屋の見学