CSRニュース

高校生のインターンシップ生を受け入れました(昭和電工セラミックス 塩尻工場)

2016年8月31日

昭和電工セラミックス(株)塩尻工場では、6月7日~9日で松本工業高校の2年生1名、7月20日~22日で岡谷工業高校の2年生3名をインターンシップ生として受け入れました。

毎年この時期にインターンシップを受け入れていますが、今年も4名の学生が品質保証課で製品検査・分析の作業を従業員と一緒に体験・体感していただきました。工場でのものづくりにおいて品質の重要性を作業しながら学べる体験となっており、毎年真剣に取り組んでいただいています。どの生徒さんも「面白かった!」と感じて帰っていただけるよう、丁寧に指導しています。

塩尻工場には、松本工業高校、岡谷工業高校の卒業生が多数在籍しているため、同じ高校の出身者と分かると硬い表情が少し柔らかくなる生徒も、作業をしていく中で従業員かと思わせるような顔つきで真剣に作業をしている姿が印象的でした。

塩尻工場では今後もインターンシップ生を受け入れ、昭和電工グループに興味を持ってもらえるよう取り組んでいきます。

松本工業インターシップ生の作業の様子松本工業インターシップ生の作業の様子

岡谷工業インターシップ生の作業の様子岡谷工業インターシップ生の作業の様子