CSRニュース

社会福祉協議会事務所にて寄付しました(喜多方事業所)

2016年2月8日

社会福祉協議会事務所にて寄付しました社会福祉協議会事務所にて寄付しました

昭和電工(株)喜多方事業所では、1月27日、喜多方市社会福祉協議会にペットボトルキャップ101,800個を寄付しました。キャップはポリオワクチンに交換され、今回の寄付で225人分のワクチンになります。当事業所では、「キャップを集めて世界の子供達へポリオワクチンを届けよう!!」を合言葉に従業員に分別を呼びかけ、数年前からキャップを集めてきました。

当日は、照田事業所長及び総務部のメンバーがキャップを社会福祉協議会事務所に持ち込みました。社会福祉協議会武藤会長及び小林常務に出席頂き、照田事業所長より「ワクチンを望む人たちのために役立ててほしい」の言葉とともに寄贈しました。武藤会長からは、「回収団体を通じて役立てます」との言葉を頂きました。

今後も引き続き廃棄物の分別を徹底し、有価物の有効活用に取り組むとともに、地域社会に貢献する活動に取り組んでいきたいと思います。