CSRニュース

「物流安全月間」の活動を行いました(喜多方事業所)

2016年3月29日

昭和電工(株)喜多方事業所では、SCMセンターの主催により、2016年2月を「物流安全月間」と設定し、納品・出荷を行う輸送会社のうち5社のご協力を得て活動を行いました。計5社が参加し、当事業所では初めての取り組みでした。

まず、各輸送会社の代表に「安全宣言」の用紙を配付し、物流事故ゼロに向け「危険予知をフル稼働させます」「車両一回り確認を実施します」等の「行動事項」を提出いただきました。ドライバーがSCMセンターにて製品の受け取り等の手続きを行う際、そのドライバーが所属する輸送会社から提出された「安全宣言」の用紙を手渡し、「行動事項」を再確認してもらい、安全作業の確認と意識付けの徹底を図りました。
また、SCMセンター担当者がパトロールを行い、荷物の積み下ろしなどの作業が安全に行われているか確認しました。

今回が初めての取り組みであり、一人ひとりのドライバーに「行動事項」が伝わりにくいなどの課題もありましたが、今後もこの取り組みを進化させ、場内の安全の追求に取り組んでいきたいと思います。

SCMセンターにて「安全宣言」をドライバーに手渡していますSCMセンターにて「安全宣言」をドライバーに手渡しています

荷物の積み下ろしなどの安全をパトロールで確認しています荷物の積み下ろしなどの安全をパトロールで確認しています